【保育士を好条件で募集する保育施設】ツーランクも上の保育園の求人

MENU

支援員になるには

レディ

主婦が有利な訳

子育てが一段落して、勤めを始めたいという女性は、結構な数で存在します。しかし、長い間専業主婦として暮らしてきた女性には、なかなか就職の機会が無いのが現状です。スーパーやコンビニでは、毎月のように求人がありますが、学生や若い人に押されて、中高年世代の女性には就職の機会が狭められています。そのような中にあって、職業経験が少ない女性でも有利に就職できる職種があります。それは、自治体が募集する公立保育園の保育支援員の仕事です。支援員は、保育士の資格がなくても応募でき、育児経験がある女性が喜ばれます。求人要綱には、子供好きで保育に関心のある人とだけ明記されています。そこには、職業経験も学歴も条件付けはされていません。保育の現場では、洗濯や清掃など、家事仕事の延長とも言える作業も多く、専業主婦にとって格好の求人と言えます。ただ、保育支援員の求人情報が広まるに連れ、応募倍率も高くなり、狭き門ともなりつつあります。そのような中で、洋裁や細工物が得意という人は、採用の機会が広がっています。保育の現場では、ウオールポケットや棚カバーなどを手作りする機会が多いので、手先が器用な人が重宝されるのです。この点を見ても、家庭の主婦に打ってつけの仕事と言えます。保育支援員の募集は、定期的に行われているので、自治体のホームページを調べておくと良いでしょう。子供好きで体力に自信がある人には、是非とも応募してもらいたいところです。